top of page

フォールアウト図書館

Fallout Library

​Editor ID

Publick_Interview_03A

Vaultからの眺め、パート3


Vaultからの光景

パート3

著者

パイパー・ライト


パート2から続く。


失踪者に対して皮肉な態度でいることはたやすい。どこかにインスティチュートがいると知りながら、その実態をほとんど知らずにこれほど長い年月を過ごしてきたのだ。誘拐するのは彼らだけではないが、彼らがする時もあるという事実と、彼らがそれを行う時に我々が無力すぎて阻止できないという事実が、我々が誘拐の被害者をまるで落伍者のように扱う原因となっている。


しかし奪われた人達の顔を二度と見ることができないであろう残された家族や友達や隣人達には、ただ目を背ければ済むような余裕はない。失われたものを背負わなければならない、たとえ他の誰もが気持ちを切り替えて忘れろと言っても。


私は<alias=Player>にダイアモンドシティについてのコメントを求めた。家族を失うことがどんな意味を持つか、そして<Alias.Pronoun=Player>がどう感じているかについて、外部からの視点を与えてもらうために。たぶんある意味、我々皆がこう感じるべきであろう。我々はこういった悲劇に対する人間らしい正しい反応を忘れたのかもしれない。


「どれほど諦めたくなっても、諦めてはならない。」 <Alias.PronounCap=Player>はそう言った。「希望を持たねばならない。彼らにまた会えると。もしくはせめて、真実を突き止めると」



bottom of page