top of page

フォールアウト図書館

Fallout Library

​Editor ID

Publick_Interview_02D

Vaultからの眺め、パート2


Vaultからの光景

パート2

著者

パイパー・ライト


パート1から続く。


では、<Alias=Player>は初めて見るダイアモンドシティについて何と言うだろうか?


「そもそも2つを比べられる? この世界を? 私が来た世界とは似ても似つかない。」


我々はこの町を輝く宝石だと思いたいが、全員が自ら選んでここに来たのではないことを思い出すことも重要だ。快適な自宅を追い出され、連邦最大の集落であることを理由にここにたどり着く人もいる。大半は安全な場所を求めているだけだが、何か誰かを必死に探してここを訪れる人もいる。


つまり、<Alias=Player>には息子がいる。ショーンだ。そしてVaultの比較的安全な環境にいたにもかかわらず、何者かが侵入し、親からショーンを奪い、その親は現在あらゆる危険を冒している。この奇妙でよそよそしい、我々の世界を放浪している。人さらいからショーンを救うために。


我々は皆、ダイアモンドシティの失踪者を取り巻く噂を知っている。悲しみに暮れる家族に向ける、「今回は自分たちでなかったことをウォールに感謝する」己の後ろめたい気持ちを。連邦で死に至る理由は他にも無数にある。人さらいの心配などしている暇がない?


そう思う人がいても、何ら不思議じゃない。


パート3に続く。


bottom of page