top of page

フォールアウト図書館

Fallout Library

​Editor ID

Publick_Interview_02C

Vaultからの眺め、パート2


Vaultからの光景

パート2

著者

パイパー・ライト


パート1から続く。


では、<Alias=Player>は初めて見るダイアモンドシティについて何と言うだろうか?


「物を爆破するのが楽しすぎて、街のことはあまり考えたことがない」


<Alias=Player>はこの時、実際に何かを爆破していたわけじゃないということに注意して欲しい。<Alias.Pronoun=Player>は、おそらく壁の外で連邦の危険な地域に向かう際に遭遇する暴力に言及していたのだろう。しかし外の世界の恐怖や悲劇を目にした<Alias.PronounPos=Player>最初のリアクションが、冗談だというのは興味深い。


<Alias=Player>には息子がいる。ショーンだ。そしてVaultの比較的安全な環境にいたにも関わらず、何者かが侵入してショーンを奪った。その親として今、危険を冒しながら、この見知らぬ、厳しい世界を放浪している。人さらいからショーンを救うために。


我々は皆、ダイアモンドシティの失踪者を取り巻く噂を知っている。悲しみに暮れる家族に向ける、「今回は自分たちでなかったことをウォールに感謝する」己の後ろめたい気持ちを。連邦で死に至る理由は他にも無数にある。人さらいの心配などしている暇がない?


そう思う人がいても、何ら不思議じゃない。


パート3に続く。


bottom of page