top of page

フォールアウト図書館

Fallout Library

​Editor ID

Publick_Interview_02B

Vaultからの眺め、パート2


Vaultからの光景

パート2

著者

パイパー・ライト


パート1から続く。


では、<Alias=Player>は初めて見るダイアモンドシティについて何と言うだろうか?


「誰もが汚れた小屋に住み、殺し合ってる。しかもこのにおいときたら…」


厳しい言葉だ。爆弾の投下で社会の文明はほとんど失われ、我々はかつてのVaultの快適さや安全を享受することなく再建しなければならなかった。<Alias=Player>の発言を恵まれた者の尊大な発言だと感じる人もいるだろう。だが<Alias.Pronoun=Player>が住んでいた場所や、<Alias.PronounObj=Player>に我々がどう映るかを想像しなければならない。


この怒りは<Alias.Pronoun=Player>が失ったものを覆い隠すためのものかもしれない。<Alias=Player>には息子がいる。ショーンだ。そしてVaultの比較的安全な環境にいたにも関わらず、何者かが侵入してショーンを奪った。その親として今、危険を冒しながら、この見知らぬ、厳しい世界を放浪している。人さらいからショーンを救うために。


我々は皆、ダイアモンドシティの失踪者を取り巻く噂を知っている。悲しみに暮れる家族に向ける、「今回は自分たちでなかったことをウォールに感謝する」己の後ろめたい気持ちを。連邦で死に至る理由は他にも無数にある。人さらいの心配などしている暇がない?


そう思う人がいても、何ら不思議じゃない。


パート3に続く。


bottom of page