top of page

フォールアウト図書館

Fallout Library

​Editor ID

Publick_Interview_01B

Vaultからの眺め、パート1


Vaultからの光景

パート1

著者

パイパー・ライト


ダイアモンドシティを歩くと必ず、感謝するべきだと言われている多くのものを目にする。きれいな水、明かり、電気、警備。確かに、ほんの数十年前でも考えられなかったものが我々にはある。しかし、これだけの進歩を遂げたあとですら我々がいまだにかつての世界の影で暮らしていることは忘れがちだ。放射能の脅威が生まれる前の世界。スーパーミュータントやフェラル・グールや人造人間以前の世界。


そんな中、よくある巡り合わせで、私は偶然<Alias=Player>と出会った。Vault居住者。初めて連邦を経験している人物。<Alias.PronounPos=Player>新鮮な目に我々の進化はどう映るだろう? ダイアモンドシティは我々がずっと主張してきた「偉大な、緑の宝石」だろうか?


その質問に答える前に、<Alias=Player>がどんな人物かを知る必要がある。<Alias.Pronoun=Player>が居た場所について。<Alias.PronounObj=Player>と話したところ、<Alias.Pronoun=Player>は<Alias.PronounPos=Player>Vaultでの生活は普通だったと強調していた。だがVaultの普通とは何だろうか? 記者はVault-Tec施設の、あの歯車の扉の奥が旧世界のとりでになっていることを知っている。爆弾が落とされる前の生活が保存されているのだ。


パート2に続く。


bottom of page