top of page

フォールアウト図書館

Fallout Library

​Editor ID

MS07aEarlSterlingCase

アール・スターリングに関するメモ


事件: アール・スターリングの失踪


依頼人: バディム・ボブロフ


解明すべき失踪がまた1件。アール・スターリング。ダグアウト・インでバーテンダーをする25才。アールが数日間仕事に来ていないことに、オーナーの1人であるバディム・ボブロフが気づいた。


セキュリティが呼ばれた。当然、捜査は行っていない。非公式の町の噂では「インスティチュートにさらわれた」とのこと。いつもと同じだ。


バディムがオフィスに来た。自分とアールの長い付き合いについてのお涙頂戴話に陶酔しながら、アールが人さらいに連れ去られるなど信じられないと話した。直感では、彼の言うとおりに違いない。


アールに敵はおらず、少なくとも彼を殺すだけの動機を持つ者はいなかった。独り暮らしだったため、バディムかダグアウトの他の誰かが家のカギを持っているか確かめねばなるまい。万が一うっかりとピッキングの現場を押さえられて、アールの家のドアをピッキングしていた理由をセキュリティに説明するような事態は避けたい。


bottom of page