top of page

フォールアウト図書館

Fallout Library

​Editor ID

Inst305Note

アナウンス台本


連邦の諸君。


何年もの間、諸君はインスティチュートがまだ存在するのではないか、我々が身近にいるのではないかという疑念を抱いてきた。それは事実だ、しかし真相の全てではない。


我々が未来だ。


我々の優れたテクノロジーは連邦の未来を示している。本日我々は原子炉を起動した。地上世界の消滅後も長く存続することを保証するために。人類に未来があることを保証するために。


諸君の日々の暮らしについてまで干渉するつもりはない。諸君にはインスティチュートの活動に干渉しないことだけをお願いする。干渉すれば恐ろしい結果を招くことになる。


安心してよい。未来は信頼できる者の手にゆだねられており、人類は我々の指導のもとで繁栄することを理解せよ。


bottom of page