top of page

フォールアウト図書館

Fallout Library

​Editor ID

DN154_Note_Marc01

辞職願


私は最高の父親ではなかった。アトマトイズに時間をとられすぎて、お前に父親が必要な時にそばにいてやれなかった。誕生日も、卒業式も、お母さんの葬儀の時も。だが私がしたことは全部、常にお前のためにしてきた。


ここ数年は厳しかった。オモチャ業界はお前の性に合わなかった。だがお前は成長して克服した。ウィルソン・アトマトイズの次期社長になるにふさわしい。


おめでとう、息子よ。努力のたまものだ。


心をこめて、


ジョージ・ウィルソン


ウィルソン・アトマトイズ 創業者兼社長

bottom of page