top of page

フォールアウト図書館

Fallout Library

​Editor ID

DN041_Note

避難計画


こんにちは、政府職員の皆さん!


共産主義中国による侵略の脅威が日々激化している中、核による全滅の場合にどうするべきかを考えているのではないでしょうか。ご心配なく! 連邦政府職員である皆さんには、まさに毎日仕事をしている場所で、安全に閉じこもれる特権があります! もし爆弾が落ちた時にはこの簡単な指示に従うだけで、同僚職員に囲まれながら核の冬が過ぎるのを待つことになるでしょう!


1) 警報が聞こえたら、何もかも捨てること。わざわざ荷物や、私物をまとめないこと。必要なものは全て指定された避難場所か職場に用意されています。


2) 指定された職場に向かうこと[K-21B]。


3) 中に入って、放射能が一定の数値を超えると警報が鳴ります。ただちにドアを閉めて施錠しましょう。二度目の警鐘が鳴るまで開けないでください。


ご成功とご幸運をお祈りします、そしてよりよい将来の地下生活を楽しんでください!

[管理者の署名]


bottom of page