top of page

フォールアウト図書館

Fallout Library

​Editor ID

DLC03POI04_ElizaJournal06

エリザの日誌6


2077年8月8日


またおじいちゃんが「忌まわしい政府の馬鹿ども」の話をするのを聞いた。「農場全体に保険が掛けられている。そうだろう? 先月遺言をまとめた際に書類を書いたじゃないか」と言って父さんが落ち着かせようとした。農場に「保険が掛けられている」というのはどういう意味かネイサンに尋ねたら、心配するな、安全だということだ、それよりおじいちゃんの遺言の内容を喜ぶべきだと言われた。誰の話もよく分からない…


bottom of page