top of page

フォールアウト図書館

Fallout Library

​Editor ID

DLC03MQ06a_MartinDiary01

シスター・グウィネスの訪問


昨夜、シスター・グウィネスが来た。話し合ったとおりもう1晩考えたが、彼女が信じる真実を拭い去れないという――アトムは存在しないと


2時間近く話し合い、議論を交わした。私はこの島の贈りもの、アトムの恩恵、仲間のブラザーやシスターたちが目撃した使者について彼女に思い出させようとした。アトムが彼女に与えた家族についても。それでようやく落ち着き、彼女は寝台に戻った


しかし夜明けが訪れても彼女の問いが忘れられない。私が長らく無視してきた疑念を投げ掛けているのだ。そして私自身の問いもある――もしかするとグウィネスは本人が自覚するより賢いのだろうか?

bottom of page